中原薬品の非変性2型コラーゲンUC-2配合の次世代サプリメントの独歩力

非変性Ⅱ型コラーゲンの中原薬品


非変性2型こらゲーンの独歩チカラのよくある質問

Q1

『2型コラーゲンには何種類あるのですか?』

大きく分けて2種類存在します。1つは体内軟骨の2型コラーゲンと同じ形をしているもので主原料が鶏や鮭の非変性2型コラーゲンと呼ばれています。もう1つは体内軟骨の2型コラーゲンと形が違う主原料が豚や鶏の変性2型コラーゲン(2型コラーゲン)です。さらに、非変性2型コラーゲンでもアメリカハーバード大学医学部で研究・臨床試験が行われた鶏胸部軟骨から作る『UC・Ⅱ』と記載される特許素材と、青森県の弘前大学で研究された鮭の頭から作られる『鮭頭コラーゲン』が存在します。『UC・Ⅱ』はハーバード大学医学部の研究用コラーゲンとして唯一使用が認められている商品です。


Q2

『非変性2型コラーゲンでも(UC・2)と(鮭)の違いはあるのですか?』

非変性2型コラーゲンは、2型コラーゲンの形が変形しないまま腸に届き吸収される事で働きが起こるという特徴を持っています。2型コラーゲンの一番の問題が、熱を加えると変形して非変性ではなくなり、体内軟骨の2型コラーゲンと形が変わってしまい経口免疫寛容という働きが無くなってしまいます。陸上動物の鶏の方が、魚類の鮭よりも変性(変形)する温度が高く、形が変わりにくく、働きを失いにくいと言われています。また、ヒト臨床試験の報告内容も回数や人数共に、鶏胸部軟骨由来の『UC・Ⅱ』が多く信頼性が高いと判断した為に当社では『UC・Ⅱ』を使用しています。


Q3

『いつ?何粒?を使用すれば良いですか?』

食品成分ですので基本的にはいつお召し上がりいただいても構いません。ハーバード大学医学部での発表でUC・2を1日40mg以上(非変性2型コラーゲンとして10mg以上)ですので、独歩力は1日1回3粒を目安に(UC・2が42mg・非変性2型コラーゲンとして10.5mg)お召し上がりいただいております。 *ちなみに、ハーバード大学医学部においてのヒト臨床試験は、就寝前にUC2を40㎎(非変性2型コラーゲンとして10mg)のお召し上がりで行われています。

Q4

『非変性2型コラーゲン配合のサプリメントは毎日使用しないといけませんか?』

UC・2の働きの為の一番大切な要素が毎日お召し上がり頂くことです。毎日口から取りいれる成分を体の中で必要な成分と認識する能力が人間にはあり、これを経口免疫寛容と呼び、必要な成分と認識する事で働くと発表されていますので毎日欠かさずお召し上がり頂くことをおススメしております。

Q5

『他店では同じ(UC・2)でも40mgの配合がほとんどですが、何故42mgなのですか?』

非変性天然2型コラーゲンは天然活性(形が変化して壊れない)を妨げないように、特許の低温抽出により、鶏の胸部軟骨から25%抽出します。UCⅡ40mgから10mgの非変性2型コラーゲン、UCⅡ42mgから10.5mgの非変性2型コラーゲンとなります。実を言うと、UCⅡは他のサプリ素材よりも大変高額な素材で少量でもコストが跳ね上がってしまいます。しかしハーバード大学医学部での臨床試験から発表の摂取量『40mg以上/日』は外国の被験者の方々の臨床試験結果です。日本人は海外の方と比べると筋力・骨格など体格で劣ってしまう事が多いので、当社ではコストがかかっても『UCⅡを42mg』として、少しでも日本の方のお役に立てるようにと考えて増量しております。

Q6

『本には色々な非変性2型コラーゲンの名前が出てきますが、同じものですか?』

非変性2型コラーゲン『UCⅡ』も色々な書き方で表示されています。『非変性2型コラーゲン』『活性Ⅱ型コラーゲン』『新型活性コラーゲン』『 進化型コラーゲン』『天然(非変性)Ⅱ型コラーゲン』など色々記載がありますが同じ素材ですのでご安心ください。

Q7

『何故添加物配合量まで全て表示してあるのですか?』

サプリ先進国のアメリカなどでは、体に優しく・信頼性の高いサプリメントは、お薬同様に全ての配合成分や量を記載しています。日本では食品扱いの為、商品ラベルに配合添加物名の記載は必要ですが、配合量までは示さなくても良くなっています。ご使用の方も食品添加物は出来るだけ摂取したくないものですし、良心的なサプリ会社であれば本当は使用したくないものです。当社は極力、必要以外の添加物は使用せず、やむを得ず使用を行う場合も食品に近く、安全性の高い物を選択し、使用している量や理由を堂々と説明・公表しております。当社で使用の添加物は、日本で使用がきちんと許可されている添加物で安全性は確認されています。添加物を一切使わずにサプリを作ろうとすると、機械に粉が詰まったり固まらない、湿気を吸収するなどの品質悪化や、成分が均一に充填出来ないなどの成分のバラつきなど負の要素の問題が逆に発生します。その為に当社では、必要最低限の添加物に抑えて使用して、添加物とは言え一切手を抜く事無く製造しております。

Q8

『医薬品GMP取得の工場で独歩力を製造されているのは何故ですか?』

医薬品の場合の製造はGMPで厳格に管理されています。医師が安全性の面でも安心できるためには、サプリメントも同様のレベルで管理出来る製造工場での製造が重要です。もし仮にですが、問題が発生した時でも迅速な対応が出来る為にも、海外では無く日本国内で製造されていると安心です。GMP認証を受けている工場での当社独歩力の製造には、『原料受け入れ・原料品質チェック』『秤量』『混合』『練合』『造粒』『後末混合』『整粒』『打錠』『サンプリング菌検査』『包装』『金属探知機』『ウェイトチェッカー』『目視確認』『製品サンプル抜き取り菌検査』『包装仕様検査』『梱包・入り数確認重量チェック』『出荷』という様々な製造工程を経て安全・安心に製造されています。

Q9

『何故カプセル式の製品ではなく錠剤製品なのですか?』

医薬品の様なカプセル式にすると1カプセルに内容成分が少量づつしか入らない為、各成分の配合量に限りが出てしまいます。独歩力は各成分毎に1日当たりの科学的根拠ある摂取量をしっかり配合し、更にお召し上がり数を少なくする為に、配合成分が少なくしか入らないカプセルをあえて避けて、配合成分量を多く出来る錠剤を選択して製造を行っています。また、出来る限りお身体への負担を避け、均一な安定した成分の商品にするため、製造は難しくなりコストは掛りますが、医薬品GMP取得工場の技術を生かして体に優しく、粒毎の成分が安定する錠剤での製品化にこだわっています。

非変性2型コラーゲンの中原薬品

非変性2型コラーゲンはサプリ評価機関から最高評価を与えられた成分です

非変性2型コーラーゲンのキャンペーン

初回ご注文時限定割引。10日分950円・20日分1,900円・30日分2,850円で非変性ⅱ型コラーゲン(UC-ⅱ)をお届け中

フリーダイヤル

非変性ⅱ型(進化型)コラーゲンに関するご質問もお気軽にどうぞ

色々種類がありますがどの非変性2型コラーゲンを選んだほうが良いの?非変性2型コラーゲン成分の種類の中でもハーバード大学医学部が研究・開発し特許5件所有&エピデンス豊富なライセンス必要専用成分がUC2です。非変性2型コラーゲンを選ぶ時は多くの実証報告が揃い・非変性状態の製造がしっかりしたUC2をおススメ致します。UC2の働きには配合量が大切です。UC2配合量の多い確かな成分を選びましょう

非変性二型コラーゲンについて

安心出来る、安全な非変性二型コラーゲンをお探しの皆様へ