中原薬品の非変性2型コラーゲンUC-2配合の次世代サプリメントの独歩力

非変性2型コラーゲンの中原薬品
 

UC-2について(非変性2型コラーゲンの特許成分)

Ⅱ型コラーゲンサプリメントの種類


・非変性Ⅱ型コラーゲン 鶏胸部軟骨由来
「ハーバード大医学部研究特許成分 UC2」
陸上生物はⅠ型・Ⅱ型など20種類以上にコラーゲンが分類されています。軟骨のⅡ型コラーゲンと同じ形で、非変性の弱点の熱で変性する温度が鮭より高く、非変性の特徴を失いにくい。特許5件を所有し、臨床試験結果も豊富な安心成分。
一日推奨量 40mg以上
『表記の仕方』 UC-Ⅱ/非変性Ⅱ型コラーゲン/新型活性コラーゲン / 進化型コラーゲン/天然(非変性)Ⅱ 型コラーゲン/活性Ⅱ型コラーゲン /

・非変性Ⅱ型コラーゲン 鮭由来
魚類・植物性のコラーゲンはⅠ型・Ⅱ型など詳細にコラーゲン判別法が確立してないと言われ、非変性の弱点である熱による変性が35度位~45度位で変性してしまうと言われています。
一日推奨量 50mg以上
『表記の仕方』 鮭頭コラーゲン/非変性Ⅱ型コラーゲン/アクティブコラーゲンⅡ

・非変性Ⅱ型コラーゲン 鶏剣状軟骨由来
国内のコラーゲンメーカーが開発した成分。判断材料となる試験結果等の公表が少なく不明。
一日推奨量 非変性2型コラーゲン 11mg以上
『表記の仕方』

非変性2型コラーゲン、未変性2型コラーゲン


・Ⅱ型コラーゲン(変性Ⅱ型コラーゲン) 鶏由来
軟骨のⅡ型コラーゲンと形が違うⅡ型コラーゲン。改善を行う経口免疫寛容が起こりにくいと言われ、非変性Ⅱ型コラーゲンも熱により変性してしまうと、このⅡ型コラーゲンになってしまう。
一日推奨量 400〜500mg以上
『表記の仕方』

非変性2型コラーゲン、未変性2型コラーゲン

グルコサミンやコンドロイチンではなくてUC-2

当店使用の二型コラーゲンは、鶏の胸部軟骨由来UC-Ⅱです


非変性2型コラーゲン誕生秘話

「娘を立って歩かせてあげたい」医師の父親が開発した新型コラーゲン


ハーバード大学医学部のトレンザム博士とムーア博士の共同研究を実用化して、アメリカインターヘルス社により開発されたアメリカ特許5件を所有する最新食品成分です。
サプリメント先進国のアメリカでも非常に話題性が高いサプリメント素材として大変注目されており、開発時には権威を認められている、アメリカのAAAS(アメリカ科学振興協会)が発行するアインシュタインなどの論文が発表された有名な科学誌「サイエンス」に掲載され一躍スターダムに上り詰めたサプリメント成分です。
(*)アメリカの科学誌「サイエンス」はイギリスの科学誌「ネイチャー」と共に権威を認められている科学誌です。
近年では、多くの実証に基づく学術報告を構築し、既存サプリメント成分であるグルコサミン+コンドロイチンと比較し2.5倍以上の速度で反応が出るとの結果も公表されており、サプリメント先進国であるアメリカでも売れ筋の素材として大変注目され人気上昇中の成分です。


● 科学雑誌サイエンス 1993年9月号掲載 

● 科学雑誌サイエンス 2009年6月号掲載

非変性2型コラーゲン誕生秘話

非変性の天然ⅱ型コラーゲンは今世紀最大の発明と掲載されました


●その他の発表
Journal of the International Society of Sports Nutrition 2013年

● FDA(米国食品医薬品局)認可取得

Undenatured type II collagen (UC-II®)

【 米国特許番号 5529786 】
非変性Ⅱ型コラーゲンの抽出方法、非変性Ⅱ型コラーゲン含有食品に関する特許。

【 米国特許番号 5637321 】
自己免疫に使う非変性Ⅱ型コラーゲンを動物細胞から抽出する方法に関する特許。

【 米国特許番号 5645851 】
経口摂取によって緩和する非変性Ⅱ型コラーゲン含有食品の配合に関する特許。

【 米国特許番号 5750144 】
非変性Ⅱ型コラーゲンを経口摂取する事で状態を緩和する方法に関する特許。

【 米国特許番号 7083820 】
非変性Ⅱ型コラーゲンの分子構造を維持させながら粉末製品化する方法に関する特許。


※特許の内容で一部ネット上で使用出来ない文言があるため変更、削除している点があります。


▲非変性ⅱ型コラーゲンのヒト臨床試験結果(ヒューストン大学薬学部バグチ博士実施)


UC-Ⅱは熱処理をせず、鶏の胸部軟骨から特殊な製法 (製法特許)で抽出された生物活性の高いコラーゲンです。
鶏胸軟骨から抽出した天然Ⅱ型コラーゲンで形成されており 食品成分として利用することが出来るのは、米国インターヘルス社が特殊技術で抽出に成功したUC-Ⅱのみです。
ハーバード大学医学部をはじめ、ヒューストン大学、クレイトン大学、マレー州立大学など多くの機関が研究を行い、 権威のある科学誌「サイエンス」にも掲載されるなど、 世界でも注目度の高い成分です。

安心・安全管理万全の素材を使用・【非変性2型コラーゲンUC-Ⅱ】の製造
FDAとは、アメリカの省庁のひとつで、日本の厚生労働省にあたる省であり、アメリカ国内における食品、医薬品、医療器具、生物学科などに関連する承認認可時事業を行っております。
UC-Ⅱの原料となる鶏は、米国農務省の基準に基づき、野鳥や他の動物から隔離された場所で飼育されたものだけを使用。
何重もの検査に加え、製法は特許取得済みと、安全性への配慮は万全です。


非変性Ⅱ型コラーゲンは、ハーバード大学医学部・ドクター、トレンザム博士率いる研究チームにより研究開発された、世界初の飲用可能な非変性Ⅱ型コラーゲン成分で、根拠も安全性もしっかりしています。
非変性2型コラーゲンの安全性

非変性コラーゲンⅡ型の原料は安全証明書が発行されています


UC-2ライセンス契約書

天然2型コラーゲンはライセンス契約が必要な特許成分です


【UC-Ⅱの安全性 】
下記試験により広範囲で安全であることが示されました。
・急性毒性試験(経口)
・急性毒性試験(皮膚)
・一刺激性試験(皮膚)
・一刺激性試験(目粘膜)
・変異原性試験(エイムズ試験)
・変異原性試験(マウスリンフォーマ試験)
・亜急性毒性試験(90日間・経口)
・残留農薬確認試験
・重金属確認試験

『Safety and toxicological evaluation of undenatured type II collagen』

非変性2型コラーゲン・UC-2

当店の非変性活性二型コラーゲンはハーバード大学医学部開発成分です

UC-2が1日あたり42mgの高配合量

1日目安42mgの非変性二型コラーゲン「UC・2」を配合しています



ハーバード大学医学部での試験結果から、推奨されている摂取目安量は【UC・Ⅱ】1日当り40mg以上、【非変性Ⅱ型コラーゲン】として10mg以上です。

天然Ⅱ型コラーゲンは数多くの特許を取得しているライセンス成分です

UC-2

そのまま吸収される新型活性二型コラーゲンは今までにない成分です


新型活性コラーゲン・天然ⅱ型コラーゲンの仕組みはこちらをクリック

初回ご注文時限定割引。10日分950円・20日分1,900円・30日分2,850円で非変性ⅱ型コラーゲン(UC-ⅱ)をお届け中

非変性ⅱ型(進化型)コラーゲンに関するご質問もお気軽にどうぞ

非変性2型コラーゲン・ハーバード大学

非変性二型コラーゲンについて

安心出来る、安全な非変性二型コラーゲンをお探しの皆様へ

UC2ロゴマーク取得済み

非変性ⅱ型コラーゲン「UC・ⅱ」の品質保証の証「ロゴマーク」を取得した安心商品です

UC-2

ページトップへ